" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭生活 ブログトップ

春休み 家族旅行 [家庭生活]

春休みの家族旅行ってみなさん行かれますか?

我が家は子供の強い要望で、家族会議まで開き、住んでいる県内のバンガローを探して一泊旅行に行くことになったんですが・・・

私の仕事がどうしても忙しく、そして長女(高校生)も用事があり、結局 父親と子供2人で行くことに。


なかなか子供が大きくなると、親も仕事してたりでいけませんよね。


子供さんが小さいうちに春休みの家族旅行は行っておいたほうがいいですよ^^

子ども テレビ 時間を短くするアイデア! [家庭生活]

子ども テレビ 時間を短くするアイデア!

小学生の子どものテレビを見る時間が長い!
心配ですよね。

今回は、子どものテレビ視聴時間を短くする
さまざまな実践アイデアをご紹介します。


↓ ↓ ↓ ↓

■早く寝るような生活習慣を作る。


■友達と外で遊ばせる。


■一週間のうち、見るテレビを決めておき、
その番組だけ見て、終ったら消す。


■一日のうち、テレビは○時間。ゲームは○時間と決めておく。


■1日のタイムスケジュール表を子どもと一緒につくり
決まった時間だけテレビを見るようにする。


〈スポンサードリンク〉






■見たいテレビは録画しておき、
ゆっくりした時間のある休日にまとめて見る。
(親にもオススメ)

■親もダラダラ見ないようにする。


■宿題が終ったらテレビが見れる。


■食事の時はテレビを付けない。


■誰かが勉強をしている時は、テレビを付けない。


■勉強(宿題)をしながらテレビを付けておかない。


■テレビをずっとつけっぱなしにしておかない。


■夕方はニュースを付ける。


■深夜放送は見せない。



など。
各家庭で、子どもとテレビ視聴のルールがありますね。

自分の家庭や子ども・親にとって実現できそうなルールを決めて
実践できたらいいですね。

テレビを見たいのは、子どもだけではなく親も同じです。
なかなか厳しいルールでは守れないと思いますが、
あまりダラダラとテレビを見ていては子どもの生活スタイルも崩れ
翌日の学校生活にも影響してきます。

やはり平日は特にテレビ視聴の決まりはあったほうがいいですね。
親の生活習慣もキチンとしてくるかもしれませんね。^^




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

子ども ゲーム 時間 [家庭生活]

子ども ゲーム 時間


小学生の子どもはゲームが大好き。
WiiやDS、3DS、など様々なゲームがありますが
ゲームを長時間していると悪影響が心配されます。
ゲームをさせる時間など、保護者は子どもと決まりを作っておいた方がいいでしょう。


子どもさんと、こんなゲームの決まりを作ってみてはどうでしょうか。

ゲームをする時の決まり(ルール)を作られているご家庭の
実践アイデアをご紹介します。

↓ ↓ ↓


■ずっとゲームをしているなら、親も家事やTV鑑賞をときどき止めて
子どもと一緒にできる遊びをする。

室内遊び・・・トランプ・工作・ジェンガ・百人一首・オセロ・あやとり・パズル

ふれあい遊び・・・プロレス・相撲・柔道・ストレッチ

屋外遊び・・・バトミントン・水泳・ジョギング・キャッチボール・バレー・バスケ・サッカー・虫取りなど


■宿題が終ってから夜9時までならゲームをしていい。


■友達と遊ぶときは外で遊ぶ。
ゲームは1時間だけ。


■ゲームは朝6時30分までは自由にやっていい。
夜はダメ。ゲームがやりたいなら早起きすること。


■ゲームを買うときに、必ずゲームをやる上での決まり事(ルール)を
親と子どもと決める。
守らなければ没収かペナルティを。


■ゲームの時間を決めておく。
それ以外は親がゲーム機を保管。


〈スポンサーリンク〉






■宿題と家庭学習が終っていないとゲームはできない。
ゲームの時間は30分。
友達が来ていても、このルールは守らせる。


■ゲームをするときは親の承諾を得るようにする。
時間をチェックする。


■ゲームの時間は
平日 1回20分×3回
休日 1回20分×5回


■DSは外に持ち出さない。


■目が悪くなることを教える。


■DSは車の移動時のみ。
Wiiは1時間だけ。


■お手伝いや勉強をがんばったときは、少し時間をプラスする。


■するべきことができたときのご褒美として1時間に10分くらい
ゲームしていい時間を作る。


■我慢させすぎると、よその家でしてくるので
きちんと話し合っておく。
ゲームの悪影響
ゲームをする時間
外で体を動かす遊びをする
など。


■部活(クラブ)日はゲームはしない。


■子ども部屋にゲームを置かない。


■ゲーム機を買わない。


■ゲームをやる時間を決めていないなら
子どもがやりはじめた時に、「○時までだよ」といい、
その10分前に忠告する。

ゲームの途中ではすぐに止められないようなので、
決まりの終了時間の10分前に親が声かけし、時間通りに止められるようにする。


など。


いろんな家庭で、ゲームをする上でのルールを決められているようです。


ゲーム以外の楽しみ(遊び)を見出せるように
親のアイデアも発揮する必要があるかもしれませんね。




家庭生活 ブログトップ